さがUターンナビ
  • 文字サイズ
さがUターンナビ
株式会社戸上電機製作所

仕事と人生、田舎と都会をバランス良く楽しんでいます

  2020.03.21

北島 洋史 さん

製造本部生産技術グループ  主任  北島 洋史 さん
佐賀県出身。東京都の芝浦工業大学工学部を卒業後、大手電気機器メーカーに就職し、生産用ロボットの開発に従事。2019年5月に「佐賀県のしごと相談室」を通じて株式会社戸上電機製作所に入社。現在は生産設備の設計を担当し、工場のIoT化にも取り組む。

佐賀にUターン就職したきっかけは?

大学進学を機に上京し、そのまま東京で電気機器メーカーに就職。生産用ロボットの開発者として10年以上勤務しました。ただ、両親が佐賀にいて、「いつかは地元に帰りたい」という気持ちもあり、35歳を区切りにUターンしようと思っていました。
そんな時に、佐賀県が運営する「相談窓口」が都内にあり、佐賀県内企業への就職をサポートしてくれると知りました。さっそく相談に行き、紹介されたのが戸上電機製作所。同じ製造業であり、前職の経験も生かせると思い、転職を決意しました。

佐賀にUターン就職したきっかけは?

「佐賀県のしごと相談室」を利用した感想は?

もともと大手の転職サイトに登録していたのですが、九州、特に佐賀の求人は少ない状況でした。佐賀に帰ることを考えると、「佐賀県のしごと相談室」の支援は充実していると思います。専任コーディネーターと直接連絡を取り合い、企業の話を具体的に聞ける点も心強いと感じました。
また、求職者のニーズを聞いた上で、求職者に合いそうな求人の提案からマッチングまでしてくれる点も大きいですね。私の場合も、戸上電機製作所の求人がタイムリーに出ていたわけではなく、気になる企業を複数社あげて相談していたら、専任コーディネーターから戸上電機製作所に直接「こういう人材がいるが、興味ありませんか?」と聞いてくださり、話がまとまりました。
専任コーディネーターをはじめ「佐賀県のしごと相談室」の方々が普段から地域に根差して企業開拓し、各社の採用担当者とも信頼関係を築いているからこそ、できることだと思いました。

専任コーディネーターの対応はいかがでしたか?

最初に相談してから4カ月で佐賀での新生活を開始することができ、とんとん拍子で話が決まったわけです。
ただ、前の会社に留まるべきか悩んだ時期もありました。そんな時も専任コーディネーターの方が、私の気持ちが固まるまで話を保留してくださるなど、丁寧に対応していただき、本当にお世話になりました。

専任コーディネーターの対応はいかがでしたか?

現在の仕事と、職場の雰囲気を教えてください。

私の担当は生産設備の設計で、主に「工場のIoT化」に取り組んでいます。工場内の機器や設備などをインターネットで結び、作業を“見える化”するためのソフトを開発中です。私の得意分野である画像処理の技術を生かし、生産性の向上を目指してぜひ成功させたいですね。
また、職場はアットホームな雰囲気があります。。社員の多くが佐賀県出身ということもあって、社内は佐賀弁が飛び交い、また、社員同士でお土産やお祝いを交換するなど、風通しもいい。私もすんなり溶け込めました。

今はどんな生活ですか?

通勤は自転車で15分ほど。ほぼ定時で退社できるので、帰宅後は子どもと遊んだり、趣味を楽しんだり。休日は、唐津や糸島にドライブに出かけ、福岡に買い物に行くこともあります。佐賀に戻ってきてマイカーを購入したので、家族の行動範囲が広がり、自然に親しむ機会も増えました。新鮮な野菜をもらうことも多いですね。田舎と都会の両方をバランス良く楽しめるのが、佐賀の魅力だと感じています。

今はどんな生活ですか?

佐賀に戻って困ったことは?

以前から頻繁に帰省していましたし、昔からの友人もいるので、生活面で困ることはありません。
ただ、仕事の面で、電気機器などの展示会は関東で行われることが多く、新製品をいち早く見られる機会は減りましたがインターネットを活用したり、業者に直接連絡したりして、情報収集を心掛けています。

佐賀への転職を検討する人へメッセージをお願いします。

Uターン就職には、家族の理解とサポートも必要です。私は仕事をしながら転職活動を行っていましたが、多忙な時は妻が代わりに連絡を取り合ってくれ、ずいぶん助けられました。
佐賀と都市部、どちらで生活するにしてもメリット・デメリットはあるはずです。ただ、少しでも「地元に帰りたい」という気持ちがあれば、チャレンジする価値はあります。一度きりの人生なので、悔いの残らない選択をしてほしいと思います。

株式会社戸上電機製作所
世界初の「昼夜間自動配電装置」を開発した戸上信文氏が1925年に設立。配電・制御機器の総合メーカーとして、エネルギーの安定供給を支える。本社・工場がある佐賀市は県庁所在地。各シンクタンクが行う都市の調査分析で、佐賀市は幸福度や暮らしやすさ、子育て環境などが高く評価されている。
・設立   1925年
・所在地  佐賀県佐賀市大財北町1-1
・事業内容 配電機器・電子制御機器・探査測定機器・水処理システム等環境機器、および太陽光発電関連機器の製造販売
・従業員数 395人(2019年3月末時点)
・ホームページ https://www.togami-elec.co.jp/

(文:廣重裕子 写真:小山則幸)

友だち追加
友だち追加