佐賀北西部エリア 唐津湾 

江戸時代は唐津藩の城下町、明治時代以降は石炭の積出港として栄えた唐津市。唐津焼や唐津くんちなど、伝統・文化が残っています。唐津市は、海と山に囲まれた自然豊かな土地柄、海・山の食材の宝庫です。なかでも「呼子のイカ」は佐賀県を代表する海の幸として有名です

「唐」を図案化したもの。旧・唐津市制時の1933年5月15日に制定され、新制後に継承される。

「唐津駅」から「佐賀駅」まで

「唐津駅」から「佐賀駅」まで車で70分、電車で70分かかります

「唐津駅」から「九州佐賀国際空港」まで

「唐津駅」から「九州佐賀国際空港」まで車で90分、電車で100分かかります

面積
487.59㎢

出典元: 2017年 統計でみる市区町村のすがた

人口
122,528人

出典元: 2015年 国勢調査

人口の年齢別割合

出典元: 2016年 総務省/経済センサス
出典元: 2017年 農林水産省/農海面漁業生産統計調査

伊万里市は、古くから肥前磁器の積み出し港として栄えました。今日では、工業団地の整備が進められ、製造関連企業の集積が進み、物流の拠点として発展しています。伊万里焼を産んだ佐賀藩の御用窯(大川内山)などの歴史・文化と、伊万里梨、伊万里牛など豊かな食材に溢れた街です。

「イマリ」を図案化したもの

「伊万里駅」から「佐賀駅」まで

「伊万里駅」から「佐賀駅」まで車で70分、電車で70分かかります

「伊万里駅」から「九州佐賀国際空港」まで

「伊万里駅」から「九州佐賀国際空港」まで車で90分、電車で100分かかります

面積
255.25㎢

出典元: 2017年 統計でみる市区町村のすがた

人口
55,083人

出典元: 2015年 国勢調査

人口の年齢別割合

出典元: 2016年 総務省/経済センサス
出典元: 2008〜2012年 厚生労働省/人口動態保健所・市町村別統計

有田町は、佐賀県の西部に位置し、長崎県との県境に接しています。有田焼の産地として広く知られ、日本で初めて磁器が焼かれたと言われています。以来、佐賀藩のもとで磁器生産が本格化し、谷あいに「有田千軒」と呼ばれる町並みが形成されました。田園地帯や、黒髪連山など豊かな自然の風景が楽しめます。

「有」を、はばたく鳥の形に図案化したもの

「有田駅」から「佐賀駅」まで

「有田駅」から「佐賀駅」まで車で70分、電車で40分かかります

「有田駅」から「九州佐賀国際空港」まで

「有田駅」から「九州佐賀国際空港」まで車で90分、電車で75分かかります

面積
65.85㎢

出典元: 2017年 統計でみる市区町村のすがた

人口
20,091人

出典元: 2015年 国勢調査

人口の年齢別割合

出典元: 2016年 総務省/経済センサス

玄海町は、東松浦郡を構成する唯一の自治体です。町名は玄界灘に由来しており、海産資源が豊富な街です。浜野浦の棚田は、海の青さと合わさり、季節により印象の異なる風景を楽しむことができます。鯛の養殖が盛んで、「穂州鯛」というブランド真鯛の産地として知られています。

「玄」の字を片仮名の「カ」と「イ」で丸く囲み、町民の融和、結束、そして将来への飛躍、発展を表わしています。

「玄海町役場」から「佐賀駅」まで

「玄海町役場」から「佐賀駅」まで車で70分、電車で分かかります

「玄海町役場」から「九州佐賀国際空港」まで

「玄海町役場」から「九州佐賀国際空港」まで車で90分、電車で分かかります

面積
56.5㎢

出典元: 2017年 統計でみる市区町村のすがた

人口
3,592人

出典元: 2015年 国勢調査

人口の年齢別割合

出典元: 2016年 総務省/経済センサス
出典元: 2016年 総務省/統計でみる市区町村のすがた
友だち追加
友だち追加